ハゲそうな職業」カテゴリーアーカイブ

朝刊の新聞配達員は寝不足なのでハゲる職業と見て間違いないです

hage9
新聞配達、特に朝刊の新聞配達員はハゲそうな職業です。何故なら
髪の毛を増やすためには、成長ホルモンの分泌が不可欠であるにも
関わらず、成長ホルモンが出る夜間にきちんとした睡眠を取る事
ができないからです。朝刊の配達の場合は、場所によって違う
ものの、深夜1時半起床2時に販売店入りして新聞に広告をはさむ作業をしてから3時過ぎから出発します。

だいたい5時半には配り終えてという生活です。まず1時半起床となると、就寝は何時かということになりますが、大抵の人が22時すぎまで普通に起きて
いますから寝不足なのです。お昼頃仮眠を取るかもしれませんが
はっきり言って、その時間に成長ホルモンは分泌しません。

とすると、ハゲるしかないのです。しかも配達にバイクを使う人
が殆どですからヘルメットを着用します。すると必然的に蒸れるし
夏場などは最悪な頭皮環境になるのです。悲しいかな頑張れば
頑張るほど、ハゲる業界ではないでしょうか。ハゲても頑張って
働いて朝刊を届けてくれる姿勢には頭が下がります。しかしハゲる
職業で間違いないと思います。この現実を受け止めつつ働いて
いる人も多いと思います。

公務員はハゲる人が多いと思っています

いなかに住んでいます。そして、役場に用事があって出かけた時にいつも思うことがあります。それは、市役所の中にはハゲた人が多いということです。特に、窓口付近の人などはそんな雰囲気の人が多いです。やはり、気を使うことが多くて、そういった傾向になりやすいのかなあと感じています。

また、いなかの市役所というものは、いろいろな人が訪れます。そして、苦情をいう人も多いです。特に、お年寄りなどは、市役所の人たちに対して遠慮なく文句を言っている様子が見られます。こんな人たちへの対応を毎日繰り返していると、やはり、毛髪の環境にはよくないのかなあと感じています。

親戚に、市役所勤めではありませんが、やはり公務員をしていた人がいます。そのひとは、40代の半ばから、すでにハゲてしまいました。そして、還暦を超えた今では、全くと言っていいほど髪の毛がありません。これも、長年公務員をおこなっていた苦労の積み重ねなんだろうなあと思いながら、その人の頭をみてしまうのです。
hage8
公務員は安定した仕事だど思われていて、人気もあるようです。しかし、いろいろと気苦労も伴うのだと思います。

建設業界の仕事、職人はハゲに注意が必要です

ハゲそうな職業は建設業界であり、ヘルメットをかぶって仕事をする人たちです。以前バイトをしたことがあったのですが、肉体労働であり、もの凄くハードで汗をかく量は半端ではありません。ヘルメットの中が汗で蒸れるし、かゆくなるのです。もちろん頭皮はそのような埃っぽい環境ですので汚れますので薄毛が進行しやすいのはいうまでもありません。

自宅に帰ってシャワーを浴びたら抜け毛がかつてないほどのものだったという経験を何度もしたので、この仕事はハゲになると思いました。実際長い期間この仕事に携わっている人たちは頭が薄い人が多かったように思います。そしてもうひとつは現場というのは言葉遣いがとても悪いことが多く、かなり威圧的な態度で怒鳴られたりすることがあるということです。職人たちは一般的に気が短いのでそうした大きな声がかなりのストレスになり、それがまたハゲを進ませてしまうことになりやすいのです。

土木や建築塗装や鳶、大工などどんな職人の仕事もハゲになりやすいものであると実感しました。その手の仕事をしている人たちは頭皮をよく洗うこと、タオルなどで汗をふき取ることや休憩時間にはヘルメットを取って頭皮を乾かすなどの工夫が大切です。
hage7

実際の実体験からそう思います

hage5
頭がハゲそうな職業と言うとどうしても帽子やヘルメットを被って仕事するものが思い浮かびます。
実際に経験したもので言うなら調理師なんかもそのひとつですね。
つまりコック帽が通気が悪いということです。
ましてや調理場は年がら年中室温が高いですし、仮に湿気が無くても自分の汗で蒸れてしまうのは容易に想像できます。

飲食の世界に入ってしばらくした頃のことですが、私もかつてあまり気にしないで働いていて、数ヶ月後に美容院で指摘されたことがありました。
知らず知らずのうちに髪が弱っていたんでしょう。
だいたい仕事中にそんなことなんて気付かないものですしね。
汗をかきながら働く自分に酔ってる場合じゃなかったということです。

長い経験がある料理人はコック帽のてっぺんを目立たないように切り取ったりしていますが、最近は通気のよいコック帽もたまに見掛けるようになりました。
それが見た目上格好良いかどうかはさておき、頭髪が気になる人は時々チェックした方が良いでしょう。

もちろんストレスなどでハゲるのも一因と言えそうですが、物理的に思い当たるとするとそういった通気性の問題が大きいと考えます。

コールセンターでクレーム処理は大変

hage6
ハゲそうな職業と聞いて思い浮かべるのは、コールセンターでクレームなど受け付ける仕事ですね。かつてある会社に勤めていたころに、私の隣に2名ほど派遣社員の女性たちがいたんです。彼女たちは商品や、商品の配送についてのクレームを電話やメールで受け付けて対応する仕事をしていました。

毎回いろんな連絡やクレームがきますが、時々わけのわからないクレームが入るんですよ。その会社では消費者が商品をネットで注文して、自宅で受け取ったり店頭で受け取ったりすることができるシステムになっていました。で、ある書籍を注文した人が某書店で本を受け取ることにしていました。

当日の朝にそのお客さんがお店の入っているビルについたら9時45分くらいで、まだビルの入り口が開いていなかったそうです。「オレがついた時間に書店が開いていないのがけしからん!!」といってものすごいクレームの電話がきていました・・・。でもこれをお客様センターの係に文句つけてもどうにもできないと思います。もう50年以上生きてきた人がこの程度ですよ。

さんざん怒鳴られて対応している側が大変そうでした。こんな難癖つけられていたらハゲちゃいそう・・・ってよく言っていました。

WEB業界の制作陣は要注意

今の世の中、1日中パソコンにかじり付いて仕事をする人が多いですね。
特にWEB業界はそんな仕事の代表とも言えるのではないでしょうか。
WEBでもHTMLを組むコーダーやシステム・サーバー関連のプログラマーはハゲそうなイメージNo.1です。

WEB業界は急激に大きくなった業種で、DTPの始まった頃から考えても20数年しか経っていません。さらに成熟する前に機械の進化が進んでしまっているため、使いこなせる人は増えても適切に運用できるノウハウを持った人間が育たないのです。
そうなると何が起きるか。
「お客の知識」「営業の知識」「制作の知識」に大きな差が生まれることになります。

最終的には「制作」が作業するので「お客」と「営業」で話が噛み合っていないと、全てのしわ寄せが「制作」に集約されてしまいます。そうなるとイライラしながら徹夜で作業し休日も潰れることも多くなり、ストレス増大・運動不足で栄養バランスも崩れ、頭皮の皮脂も多くなります。

さらに「頭を爪を立てて掻く」ことが無意識のうちに多くなり、その際に皮膚を傷つけてしまうということもあるのです。
あまりにもストレスが大きかったので仕事の仕方を強制的に変えたり、思い切って長期で休んだりして抜け毛が減ったということも実際にあります。
制作のみなさん、お気をつけ下さい。
hage4

教師のハゲ率はかなり高く、男女ともに危険な数値をはじき出している

教師の世界がハゲそうです。昨今モンペという言葉があらわす
ように、保護者の過保護からくるクレームに教師は常にストレス
を感じ、中にはうつ病を発症する人も少なくありません。男性
のみならず、女性の教師も不規則からくる薄毛に悩んでいると
思いますし男女ともにハゲそうな職業だと思います。
hage10
実際問題教師でハゲている人は多いです。近くにある私立の職員寮を
観察していると、間違いなくハゲ率が多いです。時間も夜中近くに
フラフラになりながら帰宅するのを見かけます。一瞬不審者かと
思うほど疲弊しています。このような過酷な生活ならハゲるのも
無理ないことと同情を禁じえません。聞くところによりと、教師は
高給取りと言われるもののサービス残業は当たり前で、早朝から
深夜まで絶えず働き続けているそうです。育毛したければ睡眠は
何にも勝るパワーの根源なのに、その貴重な時間を奪われがちな
教師は、まさにハゲの温床ではないかと思います。

自宅に持ち帰る仕事の事も考えるとストレスはマックス近く、頭髪にも影響を
及ぼしていると感じます。教師のハゲは忙しさの勲章かもしれない
と思い同情します。

製鉄所勤務は髪が薄くなる

髪の毛が薄くなりそうな仕事の筆頭は、製鉄所勤務です。鉄を造る現場は想像を絶する暑さで、体験がない人にはまさに「生き地獄」という言葉がぴったりです。そしてヘルメットはもちろん着用なので、髪の毛が蒸れるのは当たり前で、まるで溶けるようです。空気も粉塵が常時舞っているので、体に良いわけがありません。
hage3
そして何よりもその悪環境の中で、交代シフトの3交代で働きます。夜勤が髪や体に悪いのは、誰でも知っています。若い人ほどストレスにやられ、髪が薄くなっていきます。しかしヘルメット着用の仕事で、カツラをかぶる勇気がある人はいません。
というのも、物凄く暑い工場の現場でヘルメットの下にカツラをかぶっていたら、二重の苦しみと暑さです。汗が滴り落ちすぎて、カツラもダメージを受けます。そういった点からも、現場では髪を坊主にして、薄毛を目立たなくさせている人が多いです。

またコンプレックスになるのか、女性と付き合わないで諦めている人も多いです。独身者が多いのも特徴なので、仕事に打ち込み趣味や貯金に走ってしまう人も多くなります。しかしキツイ仕事を頑張っているので、男気があり、根性があるともいえますが、髪の毛はないです。

どこの工場にいっても8割の人は禿げてますからね。笑